債務整理と個人信用情報について

img-1

債務整理をすると個人信用情報に傷がつくと言われることがあります。個人信用情報とはいったいどのようなものなのでしょうか。誤解を恐れずに言えば、金融機関との取引状況だと考えればわかりやすいでしょう。

借金やクレジットカードなどの申込み、あるいは利用などの情報です。

相続放棄の相談情報といえばこちらです。

個人信用情報に傷がつくと言われる状況は、約束通りに返済をしなかった場合のことです。

神戸の税理士のクチコミ評価が高いです。

滞納をしたり、あるいは債務整理をしたりした場合には、その情報が記録されます。
個人信用情報は金融機関で共有されます。実際に情報を保管しているのは信用情報機関と呼ばれる会社です。

新宿で不動産の相続情報のことならお任せください。

債務整理をすれば、その情報が信用情報機関が登録をして保管します。

その後に銀行へ借金の申込みをしたとしましょう。


銀行は信用情報機関に問い合わせるのが一般的です。

そして、もしも債務整理の情報が登録されていた場合、審査には落とします。このような流れになって情報が共有されますから、個人信用情報に傷がつくとその後は借りることができなくなると考えておいた方が良いです。

https://matome.naver.jp/odai/2147169787025731501/2147170058529016703

債務整理を行った情報は信用情報機関に記録されますが、その情報は永遠に続くものではなく、一定期間保存されてその後は抹消されます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1250157517

信用情報機関はいくつかあり、それぞれで保存される期間は異なりますが、だいたい5年から10年です。

https://4meee.com/articles/view/833680?page=2が評判になっています。

最長で10年ですから、10年経てば個人信用情報が元になってローンの審査に落とされると言ったことは考えにくいです。

関連リンク

img-2
債務整理の自己破産にかかる費用

債務整理の方法として自己破産を選択した場合、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。債務整理にはお金がかかると言われることも多いですが、これは専門家に対する報酬がかかるからです。...

more
img-2
債務整理と呼ばれる手続きについて

借金をしすぎて負担が大きくなってきた時は、その借金を整理した方がいいケースがあります。そのような借りすぎた借金を減らす方法は複数存在し、その手段を債務整理と呼びます。...

more
top